背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの治療 内科治療

内科治療

内臓疾患による背中の痛みは、指圧やマッサージだけではなかなか回復しにくいものです。もちろん、指圧や鍼灸などといった東洋医学も有効ですが、西洋医学の内科治療も必要です。特に潰瘍系の内臓疾患などを患っている場合は、内科治療が有効となります。

背中の痛みが起こったら、頭の中で最初に浮かぶのは、やはりマッサージなどでしょう。しかし背中が痛む原因が内臓疾患などといった場合、内科治療の必要性が出てきます。というのも、言ってしまえば至極単純なことで、例えば筋肉痛だけが原因なら外部からの圧力(マッサージなど)で筋肉をほぐせば、それなりに痛みは治まってくるでしょう。しかしマッサージは臓器にまでは出来ず、しかも無理に力を込めて臓器に圧力を届かせたとしても、むしろ悪化させてしまいかねないのです。

そういう意味では、内臓疾患などに対しては内科治療を行うしか手は無いと言えるでしょう。しかしだからといって、いきなり手術、というように飛躍して考えなくても良いのです。症状が軽度であれば、投薬だけでまずは様子を見るでしょう。それで内臓疾患が落ち着けば、背中の痛みも同時に消えていくはずです。

内臓疾患などには、内科治療が最も有効です。症状が軽ければ投薬で治療するのが主ですが、逆に症状が酷ければ手術の可能性も出てきます(そうなれば手術によって治療する外科学の分野ですが)。どんな病気にせよ、早期発見が最も肝要であるといえるでしょう。背中の痛みは軽視せず、気になれば診断を受けに行くよう心がけましょう。

背中の痛みの治療


コンプラビン 副作用
コンプラビンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.princess-net.com/
結婚式のプロフィールビデオ

五反田 透析
五反田で透析なら五反田ガーデンクリニック!