背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの治療 鍼灸

鍼灸

鍼灸(しんきゅう)とは、皮膚・筋膜などといった体表部位に対し、古くは経穴と呼ばれてきた特定の刺激部位(いわゆるツボ)を、鍼で突き刺したり、もしくは灸をすえたりして外部から刺激を与えることによって、様々な疾病を治療するために行なう、中国から発祥してきた東洋特有の医療技術です。

鍼で刺すといったら痛そうに思い、身体に灸をすえるといったら熱そうに思えるでしょう。実際その通りで、この治療法には痛み・熱さを伴います。患部を刺激するため、人によってはその感覚が気持ち良いと思えるかもしれませんが、痛みなどのほうが先立つ人も多いです。もしも痛すぎる・妙に熱すぎるという場合は、間違った部分を刺激されているかもしれません。医師から鍼灸を受けている場合にそう感じたら、遠慮せず申告しましょう。

鍼灸の治療効果は、神経系疾患・循環器系疾患・呼吸器系疾患・運動器系疾患・消化器系疾患・婦人科系疾患など、様々な疾患に有効であるとされています。鍼を刺すにせよ灸をすえるにせよ、背中で行うのが一般的で、また患部を直接刺激できることから、背中の痛みにも効果があると言われています。美容効果を狙って顔などに鍼を刺すこともあるほどで、様々な分野において採用されている治療法です。

多くの疾患に対して有効である鍼灸ですが、例えば先端恐怖症の方には、逆にストレスが溜まる場合もあるため、鍼はオススメできません。直接目視していなければ大丈夫という場合なら、背中への鍼灸は行っても良いでしょう。

背中の痛みの治療