背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの種類 肩甲骨あたりの痛み

肩甲骨あたりの痛み

背中が痛む場所のひとつに、肩甲骨あたりが痛むこともあります。肩甲骨というのは上腕骨と関節を生成するものであり、関節唇・肩甲上腕関節の靭帯・上腕三頭筋などに何らかの障害が起こった場合、背中が痛むようになるのです。原因は運動痛によるものが多いのですが、稀に頚椎に異常をきたした場合に神経痛が起こることもあり、肩甲骨の上内角部の痛みとして自覚症状が現れることもあります。

肩甲骨というのは肩を動かす際に必要なもので、肩の駆動に際してその三割分の動きをサポートしているといわれています。上半身を円滑に動かすためには欠かせないもので、後背筋を始めとした様々な筋肉に覆われているのが特徴です。しかしこの様々な筋肉に覆われているという性質が、背中の痛みの原因となることが多いのです。

もしも肩甲骨を覆う筋肉に異常が出れば、それが痛みとして現れます。その際に肩甲骨の辺りが痛むので、これは肩甲骨に異常をきたしたのだ、と解釈してしまうケースも少なくありません。しかし厳密に言えば、その場合は異常をきたしているのは筋肉のほうで、肩甲骨そのものではないということになるのです。とはいえ、どこに異常をきたしていたとしても基本的に治療は必要となりますので、発覚が早いに越したことはありません。

肩甲骨のあたりが傷む場合は、肩甲骨を覆う様々な筋肉が原因で起こっていることも多いです。しかし頚椎などに異常をきたしている可能性もありますので、専門医からの判断をあおぐのが最も有効でしょう。

背中の痛みの種類


アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

那須 ペットホテル
那須のペットホテルなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

省エネ 山形
こちらで