背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みと神経 神経の異常

神経の異常

背骨には多くの神経が集中しており、それらのどこかの神経に異常があれば痛みは起こります。神経の異常は一般的には見え難く、理由もわからず背中が痛いということが多々あります。

基本的には事故などで背中を強打した時、その際に神経が傷つくものだと思われます。しかし原因がわかりにくいのには、背中を痛める原因となった直後は症状が現れにくく、数日後に背中の痛みが発症しやすいためでしょう。その場で背中に激痛が走る場合は、骨折などといった異常があるかもしれません。すぐにでも医者にかかったほうが良いでしょう。

しかしながら、背中の痛みというのはどのような症状でも似たようなもので、コリ・潰瘍・捻挫・骨折などといった原因からきているものでも、自分では判断できないものです。これによって不安をあおられ、心因性(ストレスなど)の理由によって何らかの疾患を併発してしまう可能性もあります。どのような痛みであれ、神経が痛みを訴えかけている以上、身体に何らかの異常が起こっていると考えたほうが良いでしょう。放置しておいても良くなることは絶対に無いので、速やかに医者へとかかるのが大事です。

人によっては背中の痛みというのは慢性的なもので、放っておいてもしばらくすれば落ち着くから、と重要視しない方もいらっしゃいます。しかし背中の痛みとその原因を放っておいて、神経に異常をきたして歩行困難などの重症を引き起こしてしまうケースもあります。神経が訴えかけてくる異常のサインを見逃さないために、背中の痛みは軽視しないようにしましょう。

背中の痛みと神経


ナース白衣
ナース白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ウェディングドレス レンタル
http://www.ozoz.co.jp/