背中の痛みガイド TOP ⇒ 内臓の病気 腎臓

腎臓

腎臓は腰の上辺りに位置していますので、腎臓結石などの腎疾患により背中が痛くなる場合があります。腎臓疾患の場合は、背中のやや下の部分が痛くなることが特徴です。ただ、痛みの場所を特定しにくいということも、内臓疾患の特徴ではあります。

腎臓疾患などの異常が起こった際は、背中の痛みという形で自覚症状が出やすいです。背中のやや下に痛みが出るということで、腰痛として診断を受ける方もかなり見受けられます。内臓の疾患として特定される症状は、身体を動かしていない場合にも痛みが起こる場合です。動かすことによって痛みが出るのなら、筋肉痛や骨折などというように、筋骨格系の疾患が疑われます。しかし就寝中など身体を動かさない時にも痛むというのなら、筋骨格系は関係なく、内臓などに疾患があると判断できるのです。

腎臓は左右に一つずつあり、どちらの腎臓に異常が生じているかによって、背中の右側と左側の該当したほうが痛むようになります。最初の内は背中の筋肉痛と誤解しがちですが、響くような鈍痛が止まず病院へ診断してもらいにいった時、内臓疾患の類であったと判明することが多々あります。

筋肉痛は軽視されがちな傾向にあり、筋肉痛と誤解していた場合は診断を受けにいくのが遅れてしまうことがあります。しかしながらどんな病気でも早期発見することによって、適切な治療を受けられるようになるのです。痛みとして訴えかけてくるサインを見逃さず、軽視することなく疾患の早期発見を心がけましょう。

内臓の病気


プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!