背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの原因 肝臓疾患による痛み

肝臓疾患による痛み

酒の飲み過ぎやストレスがひどいことなどから肝臓を痛めていると、やはり背中に痛みを覚えるようになります。肝臓は最大の臓器であるため、背中にも大きな痛みを持つようになりうるのです。

背中の痛みを発症する臓器の疾患の中でも、肝臓疾患は特に背中の痛みとして発症しやすいものだとされています。肝臓は腹部の右上側、肋骨に守られている部分に大きく陣取っています。肝臓に異常が起こると腹痛として出やすいのは確かなのですが、その大きさのためか、背中の痛みとしても出やすいのです。

肝炎・肝硬変・肝臓がん、様々な肝臓の疾患は、肝臓そのものが存在する腹部右上の痛みとして発症しやすいです。これは背中の真ん中辺りから右側、つまり肝臓の裏部分の痛みとしても発症するもので、肝臓の疾患が治っても後に尾を引く場合もあります。出来るだけ早期の発見を心がけねばならないため、腹部右上・背中右側のどちらかが痛み出したら、出来るだけ早く診断を受けに行ったほうが良いでしょう。

肝臓の疾患はアルコールを過剰に摂取する人が起こしやすいです。今は肝臓周辺に痛みがないという人でも、アルコールを過剰に摂り続ける限り、肝臓疾患の脅威に晒され続けることになるでしょう。既に肝臓疾患に悩まされているのなら、アルコールの摂取はほどほどに控えるのが賢明です。

肝臓はその大きさの割に他の臓器に比べると自覚症状が出にくいため、腹痛・背中の痛みといったサインが出たら、見逃さないようにしなければならないのです。

背中の痛みの原因


鹿児島空港 レンタカー
鹿児島空港 レンタカー・レンタカー 鹿児島空港