背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの原因 胃などの潰瘍による痛み

胃などの潰瘍による痛み

眠っていても、ずっと痛みを感じる。いわゆる鈍痛が続くのは胃潰瘍や十二指腸潰瘍などが原因のことが多いといわれています。しかしこれが嵩じてくると耐えられないほどの痛みが続くことになります。

胃潰瘍が発覚するのは、ほとんどが腹痛からです。食後などで急にみぞおちの辺りが痛み出し、じんじんとした痛みが長々と続きます。そして病院で診断を受けると、胃潰瘍にかかっていた、と発覚するのが胃潰瘍のパターンです。しかし胃潰瘍が発覚するのは、何も腹痛からだけではありません。

とはいえ、胃潰瘍が直接的な原因とはあまり言えないかもしれません。胃潰瘍にかかっても無症状という方もいて、そういう方は膵臓に炎症をこじらせてしまい、そこで背中の痛みが起こってくるのです。そして病院で診断を受けると、膵臓の炎症だけでなく胃潰瘍もあった、と発覚するというわけです。痛みの元というそれ自体は膵臓の炎症ですが、根本的な原因は胃潰瘍といえますね。

十二指腸潰瘍でも背中の痛みが出ることはありますが、これは十二指腸が背中の辺りにまで通っているためです。胃潰瘍による間接的な痛みとは違い、こちらは直接的な理由だといえます。十二指腸潰瘍も腹痛によって発覚することの多い疾患ですが、背中側に潰瘍が出来てしまった際は、放散痛という形で背中の痛覚が刺激されてしまうのです。

胃潰瘍も十二指腸潰瘍も、基本的には腹痛として出やすい疾患ですが、稀に背中の痛みとして発症することもあるということです。

背中の痛みの原因


ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/