背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの原因 コリの痛み

コリの痛み

背中の痛みの原因となるコリには、運動性のものとストレス性のものがあります。運動性のコリが起こってしまうのは、長時間の運動をし続けるなどといった行動により、体内に疲労物質が蓄積していき、血行に異常をきたしてしまうことが原因です。そしてもう一つ、ストレス性のコリというのはそのままの意味で、ストレスが溜まってしまうことが原因でコリが発生した時のことを言います。

運動性のコリとしてはスポーツをよくやる方に起こりやすく、筋肉の中で過度に増えてしまった乳酸などが原因で、そのままコリに繋がってしまうのです。長時間の運動だけでなく、通常以上に激しい運動を行った場合もコリが生じやすくなります。状況にもよるかと思われますが、長時間の運動を行う際でも、マッサージなどをして出来るだけ筋肉をほぐしながらやるようにしましょう。血行が良くなれば、コリも発生しにくいです。

厄介なのはストレス性のコリで、これは日常での人間関係・職場での仕事などによってストレスが溜まる場合に起こります。例えばウマが合わない人がいるという理由だと、自分だけの問題ではないこともあり、なかなか解決しにくいかもしれません。このストレスが内臓に及び、背中のコリとして発症しやすくなってしまうのです。

運動性のコリの場合は、血行を悪くしないようにマッサージをすること。ストレス性のコリの場合でも、胃腸の辺りを優しくマッサージすることで緩和できることもあります。コリに対して一般的に有効なのは、マッサージであるといえるでしょう。

背中の痛みの原因


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!