背中の痛みガイド TOP ⇒ 背中の痛みの原因 筋肉の緊張による痛み

筋肉の緊張による痛み

背中の痛みの原因は様々ですが、その大半はデスクワークなどといった、姿勢を変えないまま長時間その体勢を継続することによる疲労だといわれています。しかもその時に姿勢が悪いと、曲がった背筋に背中の筋肉が多大な負荷を受け、背中の痛みを引き起こしやすくなってしまうのです。

身体の前面、つまり大胸筋などに比べると、背中には薄い筋肉が多数あります。姿勢の悪さによって筋肉の緊張を過度に引き起こしてしまうと、この薄い筋肉は耐え切れなくなり、背中が痛くなってしまうのです。逆に先天的に背筋の強い方、もしくは背筋(はいきん)を鍛えている方は背中の痛みが起こりにくい傾向にあります。とはいえ背筋を鍛えようとトレーニングしすぎて、無理がたたり背中を痛めてしまう、というケースもあるにはありますが。

もちろん、どれだけ背中の筋肉を鍛えていても、姿勢が悪ければ背中を痛めやすいのには変わりありません。常に背筋を伸ばしている良い姿勢の方は筋肉の緊張が起こりにくく、同時に背中の痛みも起こりにくいものです。背中の痛みの原因は筋肉の緊張であることが多いのは、上述しているように確かなことであり、背中の筋肉を緊張させないことが、そのまま背中の痛みを発生させないのに有効であるといえるのです。

座ったままでやるデスクワークが主な仕事である方も、良い姿勢を心がけるように気をつけて、また時々身体を動かすなどして背中の筋肉をほぐすようにしましょう。

背中の痛みの原因


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!